スムーズに行う方法として|利益率と安全性|みんなで大家さんを利用する

利益率と安全性|みんなで大家さんを利用する

スムーズに行う方法として

積み木と硬貨

企業買収の特徴としては、2つの会社があって、一方の会社がもう1つの会社の親会社になるという点です。しかしこれは単なる合併ではなく、ほとんどは株式の大量取得による掌握となります。そのためこの企業買収が行われている対象は株式会社となります。しかもその株式会社も株式を自由に売買できる上場している会社がほとんどとなります。というのは上場していない会社の場合は、そのほとんど100パーセント近い株式を創業者一族が支配しているなどしているためとなります。理論上は上場していない株式会社、株式でなく持分として扱う有限会社も可能ではあります。しかし非上場の株式会社や有限会社は実際は合意がなければ難しい状況となります。この買収ではやり方として大きく2つに大別されます。1つは友好的買収、もう1つが敵対的買収となります。

企業買収で意識したい点は敵対的買収となります。これは上場している株式会社では自由に株が売買できるため、株を買う人の中には、いわゆる良からぬモノ言う国内外の投資ファンドや同業者などが企業買収を仕掛けてくる可能性が多々あります。大量の資金力を利用して株式を大量取得してシェアを過半数占めるまでになると、株を大量取得した企業が経営権を掌握することになります。そうなれば今までの経営陣は退任させられることになりますが、問題はそれ以後の企業の経営方針まで変更させられることになります。この敵対的な経営陣の掌握ならびに企業の経営方針の変更は現場の社員の不安と怒りを招くことになります。これにより安定していた活動が絶えず掌握した親会社並びに経営陣とトラブルを抱えたり、社員が大量離職するなどしたりして企業活動が不安定になることがあります。